×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カニを買うなら活カニとボイル蟹どっちがいい?

カニを買うなら活カニとボイル蟹どっちがいい?

カニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)を買う時に、活カニが良いのか、それとも、ボイル蟹が良いのか迷うはずですが、どちらにもメリットとデメリットがあるので、どちらが良いとは言えません。

まず、活カニと言うのは、生きているカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)の事をいい、ボイル蟹と言うものは既に茹でられているカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)のことを言います。

カニを刺身で食べたい場合や生きたままの新鮮なカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)を食べたい場合は、活カニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)がいいかもしれませんね。

生きているカニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)は新鮮なので、一度食べるとやみつきんですよ。

ただ、活カニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)だと自分でさばかないといけないというデメリットがありますね。

さばき方をご存知の方であればよいですが、知らない人だと時間がかかってしまいますし、食べるところも少なくなってしまうそうです。

また、調理方法を間違ってしまうと、せっかくの美味しいカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)が台無しになってしまう危険もあります。

一方、ボイル蟹は刺身で食べることはできないものの、はじめから調理されている為、さばく必要がないでしょう。

通販で購入すると冷凍された状態で届きますので、解凍するだけですぐに食べる事が出来るはずです。

その為に、手軽に手間を掛けずに食べたいのであれば、ボイル蟹がおすすめです・



TOP PAGE